ドラムは叩いても嫁は叩くな

周囲のことも考える

楽器というか趣味に没頭しはじめると、とかく周囲が見えにくくなってしまいます。

特に楽器は音も大きいし、スタジオやライブで家をあけることも増えるし、出費もかさみます。

我が家も妻と口論になったことがありますが、何と言っても身近な人々の理解は大事です。

間違ってもドラムのように人を、特に奥さんを叩いたりなんてしてはいけません。

叩いてDVによる離婚になんてなったら、ドラムを続けるどころの話ではないですからね。

離婚は地獄か地獄の始まりか

実は以前の会社の同僚にDVで訴えられ離婚した人がいたのですが、それは悲惨なものでした。手順としては、まず探偵社に浮気の電話相談をしてから準備を進めたそうです。

奥さんは夫に内緒で弁護士に相談して慰謝料の請求など、着々とすすめていたようで、離婚と慰謝料の話を出された時はすべて脇を固められて言い訳や逃げ場のない状態だったとか。

責任は自分にあるのはわかっているが、晴天の霹靂にショックは計り知れないようでした。

もっともこれから慰謝料や養育費など、しばらく続くようで、本当の苦痛はこれからなんだとも話していました。

原因はどうあれ、大人の付き合いや趣味はスマートに、ですね。


since2005 © ドラムをはじめよう!