ドラムの移動はハイエース

ドラムの移動はとても大変な作業

スタジオに入る時はドラムを移動させなければなりません。私はほとんどそのためと言っていいほどの理由で、車はハイエースに乗っています。きちんと新車の値引きを比較して、いろいろなデーィラーを回って買った思い入れのある愛車です。

移動はおもに週末で、特にスタジオからの帰りは土曜日の夜になることが多かったりします。土曜日の夜は一般道も、高速もかなり空いていていつも快適にドライブをしながら帰っています。

そんなある土曜日の深夜の出来事ですが、いつものように大泉から外環道に乗りかなりのスピードで飛ばしていました。外環道は、オービスは無いけれど覆面パトカーが多いと聞いていたので、それだけはかなり注意を払っていました。後ろから距離を保ってついてくる車があればそれは・・覆面パトカーの可能性が高いのです。

特にそういう車も、そもそも周りに走っている車自体がいなかったので順調に帰り道を走っていたのですが。

突然の赤いフラッシュ

何か入り口の合流辺りに変なバンが停まっているなーと気になった時にはもう遅く、いきなり目の前が真っ赤に光りました。光ったと言っても、いわゆる赤外線フラッシュなので、あたりが赤くなるだけで全く眩しくはありませんでした。あのフラッシュは良くできていると、あとでつくづく感心してしまいました。

そしてその後、家には警察からの一通の呼び出し通知。「フィルムが無くて写っていなかった!」というパターンを期待していたのですが、ダメでした。そして最寄りの警察署に出向くことになりました。そこには逃れようのない、ハッキリと写った自分のハイエースや運転席に座る自分の姿が。免許停止60日と10数万円の罰金となりました。

それ以降はとにかくオービスに注意するようになりました。今まで無くても大丈夫だろうと思っていたレーダー探知機も新しく購入しました。これです→ユピテル(YUPITERU) GWR73sdレーダー探知機。今のところレーダーのおかげもあって捕まることはありませんが、何より実は安全運転を心がけるようになりました。やはりドラムなどの荷物を積んでスピードを出すのはかなり危ないかなと感じているからです。今では逆に、事故を起こす前にあの時捕まっていて良かったとも思っています。


since2005 © ドラムをはじめよう!